Top > 注目 > リフォームローンを行う時にはこういう考え方を持って審査しよう

リフォームローンを行う時にはこういう考え方を持って審査しよう

リフォームの融資を受けることは良くあります。 銀行や信用金庫、住宅金融公庫など、いくつかの借り入れ方法があります。

ローン審査.jpg

リフォームを行う時にはローンも視野に入れて行おう

それぞれ審査は違いますが、皆さんが気にするのは金利と年数ではないでしょうか。

ですがそれ以外に大事なことがあります。融資が通りやすいかどうかです。

現在、住宅ローンを支払っている場合でもリフォームのローンは組めますが、その残高や支払い状況がチェックされます。

金融機関は支払い能力があるかどうかを見ますので、見積もりが妥当であれば問題はありません。

参考 元外壁リフォーム職人のブログ

リフォームローンは金融機関によって通り安さが変わってくる

リフォームローンを組む場合、通りやすいかどうかは金融機関によって変わります。

ただ、収入に比べて無茶な金額を提示しても、本当に返していけるのか疑問に思われるようなら、まず無理でしょう。

だいたいリフォームを行う場合は200万円以内が多いようです。

もちろん、収入によっても違いますし、何のためのリフォームなのか、その理由に妥当性があれば問題ないかもしれません。

どちらにせよ、必要があって行うことが認められるように見積もりを作りましょう。

ローンを組む際にはちょっと多めの金額で審査してもらおう

リフォーム工事と言うのは、後々金額が膨らんで来てしまう物です。

だからこそ、リフォームローンの審査を行ってもらう時にはちょっと多めの金額でリフォームを行ってもらう必要があります。

と言うのも、審査で通った金額以下でローンを組むのは容易ですが、審査金額以上の金額になると問題が生じる為です。

こういった事もふまえた上で、リフォームローンは検討する様にしてくださいね。

注目

関連エントリー
ブリアンの成分を知りたい犬のはんこが欲しいホットヨガを体験するならばリフォームローンを行う時にはこういう考え方を持って審査しよう高速バスで置き去りになるということ